中華料理の味わい方

中華料理の味わい方

中華料理は奥が深い

中国は国土面積が広く、歴史的に多くの民族が存在するため、食べ物の種類も豊富です。中国人は4本足のものは椅子とテーブル以外、飛ぶものは飛行機以外は食べられると言われることがあり、中華料理は食材や調理方法など奥が深いです。日本でも人気の中華料理の定番は、麻婆豆腐です。ひき肉と唐辛子、花椒、豆板醤などと豆腐をお貯め、鶏がらスープを入れた料理です。唐辛子の辛味である辣味と、花椒のしびれる辛味の麻味が特徴です。麻婆豆腐の本場は四川省で、花椒は粒で入れて仕上げに粉にしたものをふりかけます。少しずつではなく大量に使うので、麻婆豆腐は黒っぽいです。餃子や焼売は点心と呼ばれます。中華料理の主菜と中華スープの湯以外のもので、中国全土で食べられるものと特定の地方にしかないメニューがあります。お茶を飲みながら点心を食べることを飲茶と言って、点心を作る料理人は点心師と呼ばれます。点心は心に点を付けることから心に触れると考えられています。明確に定義された分野ではありませんが、食事の間に食べる軽食の類を指すことが多いです。日本でも朝ごはんを軽く済ませる人がいるように、中国では点心を朝ごはんとして食べることが多いです。

中華料理の種類とその特徴

一口に中華料理といっても、広い国土を持ち気候も食材も異なる中国では、大きく4つにその種類を分類しています。
4大中華料理をいう言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、広東・上海・四川・北京の4つになります。
広東料理は長江の南流域に広がる広東地方を中心とした料理です。
食は広東にあり、といわれる程豊かな食文化のある広東ですが、食べられる物は何でも食べてしまう貪欲な文化でもあります。
山海の幸にも恵まれ淡白で油分の控えめ、素材の持ち味を活かした淡白な味付けが特徴となっています。
日本人が一番馴染みのある料理も広東料理かもしれません。ふかひれスープや八宝菜、飲茶が代表的です。
上海料理は海に近く、海鮮類を多く使用する料理として知られています。
上海蟹はあまりに有名ですよね。醤油を用いた甘辛いあんかけ料理も多く豚バラの角煮やショーロンポーも上海料理です。
四川は中国の奥西部にあり、寒さが厳しいため発汗作用を促すような辛い料理が多いことで知られています。
お馴染みの麻婆豆腐など、唐辛子をふんだんに使用した料理で有名ですよね。
日本では四川料理の人気が高まっており、麻婆豆腐も以前は広東風が主流でしたが最近は四川風も一般的になっています。
北京料理は宮廷料理から発展したと言われています。
また北部の内陸にあるため海鮮より肉類が中心で、代表的な料理は北京ダックやチンジャオロースなど。
餃子も北京料理が発祥です。ただし現地では日本のように焼かずに水餃子として食べることがほとんどです。

recommend

印鑑販売
http://inkan-mado.com/
アンドモワ株式会社
http://kokochikaika.com/
洋服 買取
http://www.coeurverre.co.jp/
一宮市 不動産
http://www.taiseinoie.jp/
広島 離婚
http://licht-rikon.com/
麻布十番 マッサージ
http://enspa.jp/
脂肪溶解注射
http://www.drandy.com/mesotherapy/
ホスピタリティ 大学
http://www.obirin.ac.jp/professional_arts/business_management/courses/aviation_management_course/airline_hospitality/

最終更新日:2016/8/10